鳥栖市 まごころ医療館は内科・外科・整形外科を中心とした入院もできる総合診療クリニック

季節性インフルエンザ
ワクチン接種について

【インフルエンザ予防接種料金表】
【65歳以上】 自己負担 自治体による助成
鳥栖市/みやき町/上峰町 1000円 あり
神埼市/吉野ヶ里町 1200円 あり
基山町 500円 あり
佐賀市 1500円 あり
【一般】 自己負担 自治体による助成
64歳以下、県外の方 3000円 なし
【18歳以下】 自己負担 自治体による助成
13歳~18歳(1回) 2500円 なし
3歳~12歳(2回) 2500円×2回 なし

※助成金の手続きは、お住いの市町村により異なります。
3歳未満への接種は、当院では実施しておりません。

今年もインフルエンザのワクチン接種をする時期がやってきました。 新型コロナウイルス感染対策の徹底などによる効果もあり、季節性インフルエンザ感染者の発生数は例年の1/10~1/100に減少していますが、各種報道などにあるように医学的な観点からは今シーズンもインフルエンザワクチン接種が強く推奨されています。

しかし、今シーズンのインフルエンザワクチン生産数は昨年より少なく、鳥栖地区の医療機関へ確実に提供されるワクチン数は、いまのところ昨年の約70%程度と聞いております。当院としては、下記にあるような高齢者などの合併症リスクの高い方々やエッセンシャルワーカーの方々を優先して接種をすすめていきたいと考えております。皆様のご理解とご協力を何卒お願いいたします。

 今シーズンのインフルエンザワクチン接種に関する日本ワクチン学会の見解(要約)


2020年~2021年シーズンのインフルエンザの累積患者数は1.4万人と、例年に比べ流行の規模は明らかに小さいものでした。そのため、国民のインフルエンザワクチン株に対する抗体保有状況は、各年齢群において決して高くなく、その結果として2021年~2022年シーズンはインフルエンザに対する感受性者のさらなる増加が危惧されています。
【特に接種が推奨される方】
 医療従事者エッセンシャルワーカー
合併症リスクが高い方(乳幼児・妊婦・65歳以上の高齢者、特定の基礎疾患をもつ方)
【有効性】
 65歳以上の高齢者福祉施設に入所している高齢者については、34~55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果をみとめています。6歳未満の小児では、60%の発病を阻止する効果をみとめています。
【安全性】
 ワクチン接種後には、注射部位の発赤、痛み、腫れなどの局所反応や発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、関節痛、筋肉痛などの全身反応などが出現する可能性があります。これらの副反応は2~3日以内に消失します。

結論としては、今冬の国民全体の感染症対策と医療体制の維持のため、日本ワクチン学会は今シーズンのインフルエンザワクチン接種について、強く推奨しています。

(参照:2021-22シーズンの季節性インフルエンザワクチンの接種に関する日本ワクチン学会の見解 2021/6/22)

  • 理事長 中川原 英和
    〒841-0056佐賀県鳥栖市蔵上2丁目210番
    アクセスマップ
  •  
  • お問い合わせ先
    TEL0942-87-5002(代)
  •  
  • 診療受付時間
    午前 9:00~12:30
    午後 14:00~18:30
    休診日 木曜・土曜午後・日・祝日
    ※木曜・土曜日の診療は13:00まで
    ※土曜午後診療:内科のみ
  •  
  • ※診療時間30分前で受付終了になります。
    往診後の診療開始時間は、状況によって前後する場合があります。
Copyright (c) MAGOKORO-IRYOUKAN. All rights reserved.